ユンニの湯

密かな人気を集める温泉!夕張郡由仁町のユンニの湯

伏見台公園の隣に建つログハウス調の建物がユンニの湯です。褐色味を帯びたコーヒー色の湯はアトピーなど皮膚病によく効くとひじょうに評判が高いです。浴室にはジャグジー、ハーブ湯、サウナが男女ともに用意されています。
ユンニの湯のハーブ湯

美人の湯と言われるユンニの湯のヒミツ

炭酸水素イオンが多く含まれぬめりがあり、肌がすべすべになる事から、俗に「美人の湯(美肌の湯)」といわれる温泉です。また、地下1,300mより湧き出る温泉はコーヒー色をしています。泥炭地帯に位置しており地下水が数千年前に堆積した石炭層に浸透してこの色がうまれているとか・・・・太古の浪漫を肌に感じてみてください。
ユンニの湯

アイヌの文化にお風呂はなかったかも?はっきりしないアイヌのお風呂事情

ユンニの湯がある夕張郡由仁町。その由来はアイヌの言葉で「温泉のある所」という意味である「ユウンニ」がなまったものであるそうです。でもアイヌの伝統ではあまりお風呂に入る習慣はなかったそうです。なぜならば、彼らの伝統と本州のお風呂が噛み合わなかったのが一番の理由と言われています。彼らの伝統では、お風呂はNGでも温泉はOKのようですよ。