銀河の森天文台

陸別町の銀河の森天文台

日本一寒い町は星空にやさしい街でした。まれにオーロラが観測できてしまうほど寒い陸別町。寒いからこそ空が澄み渡ります。昭和62年に現在の環境省にあたる環境庁から『星空の街』に制定され、『銀河の森天文台』という観測所を建設しました。

星空にやさしい街10選に認定!陸別町

陸別町
雲が無い状態で、寒さがきつくなればなるほど空気は澄んでいき、星空の輝きは増していきます。日本一寒い町ならなおの事『超』がつくくらいの満天の星空と天体ショーを満喫することが出来るでしょう。

陸別町は、昭和62年度に「星空の街」に選定され、平成9年度には「星空にやさしい街10選」に認定されました。

自然環境豊かな特性を活かし「りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台)」が建設されました。

天文台では大型望遠鏡「りくり」でその時期見頃の惑星や月、遥か彼方の星雲や星団、銀河などさまざまな天体を見ることができます。

定休日
月曜日・火曜日・祝日(5月3・4・5日を除く)
営業時間
4月~9月 14:00~22:30
10月~3月 13:00~21:30

住所
北海道足寄郡陸別町字ウエンベツ345
電話番号
01562-7-8100

銀河の森天文台の館内紹介

銀河の森天文台
一般公開型天文台としては日本最大級の115cm反射望遠鏡をはじめ、30cmクラスの小型望遠鏡4基、15cm大型双眼鏡、4連太陽望遠鏡等を備える公開天文台です。

1階展示室では、銀河の森、オーロラ、宇宙の美しいパネル展示、宇宙探検コンピューターや70インチ大型モニターによる宇宙の体験学習ができます。

2階は大型望遠鏡ドーム、小型望遠鏡観測室、大勢の人が星空を楽しめる屋上広場です。

また、2階総合観測室には、名古屋大学太陽地球環境研究所の「陸別観測所」と国立環境研究所の「陸別成層圏総合観測室」が併設されており、主に成層圏・対流圏の大気やオーロラ等の研究を行っています。

銀河の森天文台の望遠鏡「りくり」は日本最大級!

銀河の森天文台「りくり」
銀河の森天文台では115cm大型望遠鏡でその時期見頃の惑星や月、遥か彼方の星雲や星団、銀河などさまざまな天体を随時ご案内しています。

銀河の森天文台は一般公開型天文台としては日本最大級の115cm反射望遠鏡をはじめ、30cmクラスの小型望遠鏡4基、4連太陽望遠鏡等を備える公開天文台です。

見たい星をコンピューターに入力すると「りくり」はターゲットを自動追跡、台座がグルリと回って空に向かい立ち上がります。そのスピードは驚くほどすばやく、スムーズです。

上空を高速で移動する衛星を追跡でき、地球の軌道を周回するスペースシャトルなどを見ることも可能なんです。

陸別町はオーロラが見られることでも話題になりました!

陸別町
オーロラは通常、高緯度地方で見られますが、「磁気嵐」と呼ばれる地磁気擾乱が激しく起きたときは、日本のような低緯度でも見られます。

陸別町はオーロラが見られることでも話題となりました。

太陽活動によって発生頻度や大きさが影響され、現在は太陽活動が停滞期に入ったため、2004年11月8日に観測されて以来、残念ながら最近では発生していません

カナダやアラスカなどで大規模なオーロラが発生した時に地平線を越えて見られる低緯度オーロラが観測できます。ぜひ銀河の森天文台にお越し下さい。