究極の天然温泉!道の果てにある露天の湯!知床羅臼の相泊温泉

相泊温泉

羅臼町の中心部から知床半島の海岸線を車で北上して30分ほどです。舗装道路が行き止まりになり相泊地区に到着です。道路の終点から少し戻った海辺に、相泊温泉があります。元は観光客向けの温泉施設ではなく、地元漁師さんのための公衆浴場で地元住民の方が管理をしています。

日本最北東端の湯!ちょっとしたドキドキ感も味わえる相泊温泉

日本最北東端の湯相泊温泉
羅臼町の中心部から知床半島の海岸線を北上し30分ほど車で進むと、道路が行き止まりになり相泊地区に到着します。道路の終点から少し戻った海辺に、相泊温泉があります。

相泊温泉は知床半島の東岸にある温泉で、温泉の売りは、日本国でも珍しい海岸を掘った露天風呂で有名です。

温泉のお湯は湯船の底から湧きでていて、湯船は砂利を掘って木枠で囲ったシンプルな湯船で昔は昆布漁の漁師さんが冷えた体を温めるために入っていました。

お湯の純度が濃いために体の芯まで温まります。入浴は無料です。

定休日
なし
営業時間
6月~9月中旬 日の出から日没まで
住所
北海道目梨郡羅臼町相泊
電話番号
0153-87-2126

相泊温泉はめっちゃ熱い天然露天風呂です

相泊温泉
効能は、やけど・神経痛・腰痛・慢性リューマチ・慢性皮膚病・貧血病。弱塩泉なので肌にも優しい温泉になっています。

相泊温泉は日本でも有数の露天風呂と言われています。地元の漁師さん達にはドブ湯と呼ばれています。

ここの温泉は何と言ってもお湯が熱い(笑)湯船の底から湧いてくるお湯の温度は何と75℃!熱いので水を入れながら入ってくださいね。

入ると目の前にはオホーツク海が広がっていて夕陽が落ちて行く景色なんかはもう絶景です!リウマチやヤケドにも効能があります。地元お漁師さんが良く入浴しているので漁の話なども聞くことが出来ます。

海の音と香りに包まれながらゆったりできる相泊温泉

相泊温泉
知床半島の羅臼側の最北端、相泊という集落にある露天の温泉です。

この温泉のもう一つの名物が温泉に入りながら色々な音が楽しめる所です。お風呂に浸かりながら目を閉じるとまず、一番初めに波の音が聞こえてきます。波の音を聞きながらのお風呂は疲れた心を癒してくれます。

次に聞こえるのがウミネコやカモメ達の鳴き声です。これは海だけで聞こえる特権ですね!

また音色と同時に磯の香りや羅臼の特産物でもある昆布の香りなど普段では味わえない楽しみがあります。晴れた日には国後島も眺める事が出来ますよ!!

この温泉には自然の中にある温泉ならではの注意事項もあります。

相泊温泉
繰り返しますが観光客向けに整備された施設ではありません。男女別の浴室となっていてベニヤ板やブルーシートで囲われています。

大自然の中にある相泊温泉!まずは海が目の前にあるという事で天気の悪い日や波が高い日には入浴が出来ません。

着替えもベニヤ板1枚で仕切られているだけなので女性の方は初めから水着を着用していかれるのがベストだと思います!!

海側から丸見えになるので女性の方は入るまでに少し勇気が入りますが、入るともうめちゃくちゃ気持ちいいですよ!!

ぜひ、一度自然いっぱいの相泊温泉に足を運んで見てください!!