登別地獄谷温泉

登別温泉で使用する温泉の約4分の3の源泉地となっている地獄谷。谷に沿って多くの湧出口や噴気孔があり、泡を立てて煮えたぎる風景が鬼の棲む「地獄谷」の由来となりました。

登別温泉で使用する温泉の約4分の3の源泉地となっている地獄谷。谷に沿って多くの湧出口や噴気孔があり、泡を立てて煮えたぎる風景が鬼の棲む「地獄谷」の由来となりました。

15もの地獄がお待ちしてます!登別の地獄巡りは如何ですか?

登別地獄巡り
大正時代の小爆発で誕生し、7色に湯の色が変わる「大正地獄」など、様々な地球の神秘を楽しめます。

地獄谷は日和山の噴火活動によりできた爆裂火口の跡です。地獄谷の地表には小さな爆裂火口や噴気孔や湧出口があり、ガスと高温の温泉を湧出しています。

地獄谷には鉛地獄・鉄砲地獄など15の地獄があります。地獄谷を拠点として遊歩道が整備されていますので、地獄谷の中の鉄泉池などを周遊し、大湯沼川では天然の足湯に浸かり森林浴をご体験下さい。

硫黄の香り漂う登別地獄谷

硫黄の香り漂う地獄谷
春の花に囲まれた地獄谷、夏の登別原生林の広がる様、秋に紅葉で赤く燃える地獄谷、冬に雪に覆われつつ熱気の伝わる地獄谷も格別です。

地獄谷に一歩足を踏み入れると硫黄の香りが立ち込めて、奥まで行くと湯煙で辺りが見えない程です。

地獄谷展望台に登ると火山ガスや熱湯を噴出す様を見られ、まさに地獄めぐりの気分になります。

地獄谷には大正時代の小爆発で誕生し、7色に湯の色が変わる「大正地獄」など様々な地球の神秘を楽しめます。

登別地獄谷から湧き出る温泉はとっても良い湯!

地獄谷温泉
多種類の温泉が1日1万㌧も湧出されており、温泉街のホテルや旅館に給湯されてます

登別温泉は、湧き出る湯量は豊富で1日1万トン。その泉質は、塩化物泉、硫黄泉、酸性泉、重曹泉、明礬泉、緑礬泉、石膏泉、芒硝泉、鉄泉の9種類を有するといわれています。それらの源泉が地獄谷にあります。

温泉デパートといわれる登別温泉のすぐ隣で、昭和地獄、鉛地獄、龍巻地獄などの大小15の地獄温泉を、見れるスポットです。

登別地獄谷の見どころ

地獄谷の見どころ
入口近くに地獄谷展望台と地獄谷第2展望台があるので、全景を眺めておこう。

地獄谷は登別温泉街から歩いて数分、地の底からもうもうと立ち上がる熱湯や水蒸気!

さらには火山ガスが激しく噴き出してあたり一帯は強烈な硫黄の臭気に包まれています。

約1万年前から現代も活きている地獄谷

地獄谷噴火口
約1万年前に噴火してできた爆裂火口の跡です。12ヘクタールにもおよぶくぼ地で長径は約450m。無数の噴気孔から硫黄やガスを噴き出して白い煙を上げ、熱湯がトクトクと出る湧出口があります。

まさに地獄さながらの迫力を体験できる地獄谷は約1万年前にできた爆裂火口跡で、ここから湧き出た温泉が各旅館・ホテルの浴場へと送られているのです。

地獄谷一帯をめぐる探勝路や、大湯沼の展望台までの探勝路も整備されています。