青いニホンザリガニの繁殖に成功!市立室蘭水族館

青いニホンザリガニ

2014年に、難しいとされる青いニホンザリガニの繁殖に成功しました。ニホンザリガニは、道内と東北の一部だけに生息していて、絶滅危惧2類に指定されています。通常は赤茶色です。青色は千匹に1匹ほどとされています。なぜ青色になるかはわかりませんでした。

レトロな展示方法の昔ながらの水族館!

室蘭水族館
開館当時の流行だった車窓式水槽が今でも見られる貴重な場所でもあります。もちろん時代に合わせて新しい設備も投入されており、トドショーやペンギンの行進などが大人気。

室蘭市祝津町にある市立室蘭水族館は、昭和28年に北海道が設置し、昭和37年に市に移管された歴史ある水族館です。

全国的にみても珍しいトドのショーをはじめ、館内には130種にも及ぶ魚類の展示や野外には観覧車やメリーゴーランドなども楽しめます。

入館料もお手頃に一般/300円となっておりますので室蘭にお立ち寄りの際は是非一度ご来館下さいませ。

開館期間
4/25~10月第2月曜日
営業時間
9:30~16:00
(7/25~8/20は9:30~18:00まで)
住所
室蘭市祝津町3丁目3番12号
電話番号
0143-27-1638

北海道最古の水族館!室蘭水族館

室蘭水族館
北海道最古の水族館として歴史のある「市立室蘭水族館」。開館当時の流行だった車窓式水槽が今でも見られる貴重な場所でもあります。もちろん時代に合わせて新しい設備も投入されており、トドショーやペンギンの行進などが大人気。

室蘭市の鯨解体工場のあとに北海道初の水族館として開館し、室蘭近郊や北海道内、本州方面に生息する珍しい熱帯魚など約130種、4000点が飼われています。

北海道最古の水族館として室蘭でも有名な観光スポットです。

また水族館近隣には、白鳥大橋記念館「みたら」や「パークゴルフ場」「室蘭温泉ゆらら」「屋台村」くじらやイルカウォッチングができるエンルムマリーナなどがあり、家族で一日中楽しめるスポットになっております。

室蘭水族館のメインとも言われるアブラボウズ!

アブラボウズ
成長すれば2mにもなり、大物は深海500mより深いところで釣れるという珍しい魚です。銚子漁港に水揚げされたものは最高級品として高値で取引されるほか、神奈川県・静岡県の各漁港では「おしつけ」の愛称で古くから重用されています

深海魚であるアブラボウズは飼育が非常に困難で水族館で展示されているのは、現在のところこの室蘭水族館だけなのです。

成長すれば2mにもなり、大物は深海500mより深いところで釣れるという非常に珍しい魚です。

他にも珍しいキタオットセイやゼニガタアザラシも展示されており北海道の生物の展示には十分満足できる水族館です。回数は少ないけれど全国的にみても珍しいトドのショーも行っております。

水族館と遊園地が融合した室蘭水族館!

室蘭水族館
室蘭近郊や北海道内、本州方面に生息する珍しい熱帯魚など約130種が展示されているだけでなく観覧車やミニSLのあるミニ遊園地が併設されています。

敷地は広く総面積2万3385平方mと横浜八景島シーパラダイス(1万8030平方m)や鳥羽水族館(1万7694平方m)を圧倒しています。

平日の昼間に行くと貸切という状況も・・が、しかしある意味超絶水族館

そういった雰囲気が好きな人にはお勧めできるが一般の方はかえってお客さんの入る休日に行くのをお勧めいたします。