白絹の床と呼ばれる観光名所!伊達市 北湯沢温泉

北湯沢温泉

峡谷に位置する伊達市の温泉郷として知られるのが北湯沢温泉郷です。季節ごとに違った趣をもつ温泉地帯になります。巨大な観光ホテルから、昭和の雰囲気満点の小さな情緒ある旅館までさまざまな宿が並ぶのも北湯沢温泉郷の特徴です。 

北湯沢温泉は魅力溢れる温泉スポットです

北湯沢温泉郷
北湯沢温泉郷に流れる長流川沿いに宿泊施設が8軒存在しています。川の東岸には大型ホテルが2軒、西岸には比較的小規模な旅館・民宿が並んでいます。共同浴場は存在せず、日帰り入浴は宿泊施設の日帰り入浴を利用するかたちになります。

北湯沢温泉は、みりょくの温泉スポットです。

支笏洞爺国立公園の中央部に位置する大滝村の一角にある温泉は、明治30年(1897)に道庁の測量技師・藤原平兵衛が発見したのが始めとされ、現在も豊富な湯量を誇り、源泉の温度は80~95度と高い。

現在、ホテル・旅館等が9軒程あり、テレビのCMで有名になったホテルもあります。

住所
伊達市大滝区北湯沢温泉町
電話番号
0142-68-5566

立ち寄る方のほとんどが食べている北湯沢温泉郷の名物きのこ汁

北湯沢温泉のきのこ汁
旧大滝村であった北湯沢温泉郷はキノコ栽培の名産地でもあります。

北湯沢温泉レストランの名物きのこ汁は、食べる味噌汁として、立ち寄る観光客のほとんどが食べていきます。

きのこ汁の中身は、しめじ、なめこ、まいたけ、落葉など具沢山で、まさに食べる味噌汁! 色々なきのこのだしが出た深い味わいが楽しめる一杯です。

味噌汁にしみこんだきのこが、ダシになりとても柔らかくおいしい一品です。ご家庭でも、きのこのお味噌汁を食べると思いますが、ここで食べる味噌汁は具を食べる味噌汁という感じです。

静かな川べりにある温泉が北湯沢温泉です

北湯沢温泉の御宿かわせみ
本当に川の中に入っているような大自然の中の露天風呂でついつい何時間でも長湯してしまいそうな気持よさが魅力です。日帰りで温泉に入られる方も多いようです。秘湯っぽい雰囲気で何だかわくわくして来ますね!

小さな保養所といった雰囲気の受け付けを通って浴室に向かうと、浴室は小さいが、大きな窓から川が見えます。宿の裏手が湾曲した川の流れに面していて、タイルの浴槽にはやや熱めの透明なお湯が溢れています。

柔らかな透明なお湯はさっぱりした浴感です。北湯沢温泉は湯量が豊富なので気持ちよく掛け流されています。

泉質は単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)北湯沢温泉4号井だ。源泉の温度は80度もあります。

北湯沢温泉郷は北海道でも有数の大自然

北湯沢温泉郷
北湯沢温泉郷は夏には山全体が萌えあがるような緑に、秋には紅葉に染まり、冬は露天風呂から眺める静かな雪景色と季節ごとに違った趣をもつ温泉地帯です。

国民保養温泉地に指定され、宿は長流川沿いに点在。

湯元名水亭、第二名水亭、ホロホロ山荘では、三館の湯巡りが楽しめる無料シャトルバスを運行しています。

札幌や小樽、苫小牧、千歳からもほど近く、支笏湖、洞爺湖など観光名所にも便利なロケーションにありながら、北湯沢温泉のある伊達市大滝区には清流の長流川をはじめ、三段の層をなして美しく流れ落ちる三階滝、洞爺やニセコ一帯のパノラマが堪能できるホロホロ山など、北海道でも有数の大自然が残されている場所です。