日本最大の汽水湖!縄文時代から続く歴史あるサロマ湖

サロマ湖

北海道オホーツク海岸の北見市、常呂郡佐呂間町、紋別郡湧別町にまたがる湖がサロマ湖です。面積は約152km2で、汽水湖では日本最大です。湖名の由来は「ヨシが生える川」というアイヌ語の「サル・オマ・ペツ」より。本来、流入河川の一つの佐呂間別川を指した地名であり、現在のサロマ湖のほうはただトー(湖)と呼ばれていたそうです。後に「サルオマペツが流れ込む湖」という意味で「サロマ湖」になったんではないか、ということです。

独特の美しい湖面の青色は「サロマンブルー」

サロマ湖
湖岸線を見ると1つの大きな湖盆に見えますが、キムアネップ岬付近に浅い部分があって、これにより東西二つの湖盆に分けることができます。西の大きな湖盆には芭露川、計呂地川などが流れ込み、新湖口から流れ出ています。東の小さい方の湖盆に流れ込む佐呂間別川は流入河川の中ではもっとも大きな川で、河口にできた三角州上には佐呂間町浜佐呂間の市街が広がっています。

サロマ湖は道内では一番大きく、全国でも琵琶湖、霞ヶ浦に次いで三番目に大きな周囲91kmの海跡湖です。

約20kmもの長大な砂州によってオホーツク海と隔てられた汽水湖で、独特の美しい湖面の青色は「サロマンブルー」と呼ばれています。

東側湖畔にある「栄浦」は夕陽の名所として知られ、湖岸からすばらしい夕陽が望め、見る人を澄んだ気持ちにさせてくれます。

ホタテと遺跡とカーリングの町!サロマ湖の常呂町

ところ遺跡の森
常呂町にある「ところ遺跡の森」は、縄文時代からアイヌ文化時代までの遺跡が残っている自然公園です。竪穴住居の数は約2000基あり、日本最大とされています。自然あふれる公園なので、森林浴やバードウォッチングもお楽しみいただけます。

北海道最大の湖(日本第3位)サロマ湖と、冬は流氷押し寄せるオホーツク海に面した北見市常呂町にあります。

常呂町はホタテ養殖発祥地として知られ、水揚げ量は日本一と日本有数のホタテの産地です。ワッカ原生花園がある栄浦地区は、遺跡の館や東京大学の実習施設などがあり、オホーツク文化時代の土器などが数多く出土されます。

日本初の屋内専用カーリングホールもあり、ホタテと遺跡とカーリングの町として紹介されます。

自然がいっぱいサロマ湖の見どころ

サロマ湖のワッカ原生花園
サロマ湖のワッカ原生花園には遊歩道が整備されています。この遊歩道は徒歩でも自転車でもゆるゆる廻れますが、トテ馬車も風情があり人気です。

サロマ湖展望台は幌岩山の山頂近くにあり、サロマ湖の全景を見渡すことができます。サロマ湖にはオホーツク海とサロマ湖を結ぶ自然の水道が1カ所ありますが、その他にワッカ原生花園内に人工の水道がもう1カ所あります。

これは海と湖との交通を安全にする役割のほか、サロマ湖の水の流れを円滑にし、水をきれいに保つ役割があるそうです。

ワッカ原生花園はサロマ湖を代表する原生花園です。夏場を中心に多くの花々が咲きます。車で入れるのは途中までで、徒歩かレンタサイクル・馬車で行くことになります。

サロマ湖に沈んでいく夕陽は誰もが心を奪われます

サロマ湖の夕陽
道内では一番、全国でも三番目に大きな海跡湖「サロマ湖」。その周辺には、あるがままの自然が保全されており視界をさえぎるものがなく、目の前には水平線が広がっています。夕日の名所としても有名です。

サロマ湖は日本最大の結氷湖として、真水とオホーツク海が混ざり合い、豊かな漁業を形作っています。ホタテ、カキなど豊かな海の幸の母体となっています。

四季折々の顔、そして様々な体験をすることができます。夏は、サロマ湖のほとりにあるネイパルクッピー常呂で、サロマ湖でのカヌーも体験することができます。冬の寒さも厳しくなり、流氷の便りが届きはじめ、サロマ湖の結氷が始まると、真っ白な湖面の上で繰り広げられるスノーモービル、パラセール、4輪バギーなどの体験。

厳しい冷え込みの朝は、サロマ湖のはるか彼方に蜃気楼が見えるときもあります。季節を問わず、サロマ湖は私たちを優しく包み込んでくれます。そして、サロマ湖に沈んでいく夕陽は誰もが心を奪われます。サロマ湖にはこんな看板が立てられています「この夕陽、持ち出し禁止です」

北海道で一番大きい湖サロマ湖はホタテ養殖発祥の地

サロマ湖のホタテ養殖
サロマ湖はオホーツク海と繋がった面積約152km2の巨大な湖で、湖水の塩分は海水に近いようです。ここでは帆立を稚貝から養殖するほか、育てた稚貝をオホーツク海に放流もしています。

北海道最大のサロマ湖で獲れるホタテは、身が引締まって食感がよく、海の香りがしてほのかに甘みがあり、安定した生産量と高い品質が評判です。

北海道ホタテ養殖発祥の地であるサロマ湖産のホタテは、粒が大きく刺身などの生食用として、貝付ホタテ・生玉(貝柱のみ)として出荷されます。

加工場にて干貝柱・薫油漬け・その他に加工され、世界各地にも出荷されています。サロマ湖内で養殖されたホタテとオホーツク海のホタテがあります。

オホーツク海のホタテは、サロマ湖内で育てたホタテ稚貝を毎年、計画的にオホーツク海各エリアに撒き(放流)、大きくなったホタテを数年後に漁獲するものです

衝撃!サロマ湖名物「ホタテ入りソフトクリーム」

サロマ湖のホタテ入りソフトクリーム
TVでも「海の幸を使った驚きのスイーツ」として紹介をされました。濃厚なバニラのソフトクリームにホタテの塩味が効いて意外とおいしいらしいです

佐呂間町の道の駅の「物産館みのり」で発売されています。

普通のソフトクリームにホタテの貝柱を乗せたものです。混ぜ込んであるとか、ホタテの風味がするとかではなく、乗せてあるだけです。

乾燥したスティック状のホタテのヒモをぶっ刺した「ホタテのヒモ入りソフトクリーム」も販売している場合があるようです。