オコタンペ湖展望台

オコタンペ湖 恵庭

オコタンペ湖は、阿寒湖近くのオンネトー、然別湖近くの東雲湖と並び、北海道3大秘湖と称される神秘の湖です。

北海道三大秘湖オコタンペ湖のオコタンペ湖展望台から眺めは最高です

オコタンペ湖
オコタンペ湖は、周囲5km、最大深度20.5mの恵庭岳の西山麓にあるせきとめ湖で、天候によって、あるときはエメラルドグリーン、またあるときはコバルトブルーといった具合に湖水の色が変わって見えます。

支笏湖の北、恵庭岳の北麓に眠る、「オコタンぺ湖」。オンネトー、東雲湖と並び、北海道三大秘湖のひとつです。

湖畔へは悪路の登山道しかなく、道道78号沿いのオコタンペ湖展望台から眺めるのがベストでしょう。

展望台からはオコタンペ湖を見下ろすことが出来ます。また周囲はダケカンバが生育し、高山帯の雰囲気が漂っています。

定休日
無し
営業時間
無し
住所
北海道千歳市奥潭
電話番号
0123-25-2350

オコタンペ湖展望台を楽しむためのオコタンペ湖のルール

オコタンペ湖
オコタンペ湖周辺の森林は、針葉樹と落葉広葉樹が自生している針広混交林となっています。多様で原生的なこの天然林を保存するため、森林生態系保護地域(森林法)に指定されています。

オコタンペ湖は、国立公園特別保護区そして森林生態系保護地区に指定されていて、立入りは許可された調査活動などに制限されています。これは自然を守り、動植物を保護し、傷つけるのを防止する為です。

従って、夏場にオコタンペ湖の湖岸に降りようとするだけで植物を傷つけることとなり公園法に違反する行為となってしまいます。

冬の積雪期には全く植物などに触れることなく降りることが十分可能ですので、訪ねることが可能なのです。

神秘的な風景が楽しめる北海道3大秘湖

三大秘湖
北海道に、3大秘湖と呼ばれる湖があるのを知っていますか?オコタンペ湖(千歳市)、東雲湖(上士幌町)、オンネトー(足寄町)。手つかずの自然に守られた静かな姿は、メジャーな観光地にはない美しさで私たちを迎えてくれます。

オコタンペ湖の周囲は約5km、最大水深は約20mである。

アメマス、エゾサンショウウオ、ザリガニなどが生息しており、オシドリ、マガモなどの鳥が飛来します。湖の周囲は、トドマツ、エゾマツなどの針葉樹とミズナラやダケカンバなどの広葉樹が混交する森林をなしています。

「オコタンペ湖」、阿寒国立公園のオンネトー、大雪山国立公園の東雲湖は、「北海道3大秘湖」と呼ばれています。

神秘的にその色を変えるオンネトー 

オネントー 五色沼
オンネトーは、阿寒の周辺にあるが、地域としては、足寄郡足寄町に属する阿寒国立公園内にある沼(湖)です

時間によって色が変わるため「五色沼」と言われています。

3大秘湖のなかで唯一、野営場や遊歩道が整備されているほか、公共交通機関で行くことが出来ます。

クマザサの丘とガレ場に囲まれた東雲湖

東雲湖 ナキウサギ
クマザサの丘とガレ場に囲まれた東雲湖周辺に生息するナキウサギ

「東雲湖」は、然別湖火山群の噴火口にできた湖です。陸地化が進み、数十年後は湿地化すると言われています。

 

周辺はナキウサギの生息地となっています。