エドウィン・ダン記念館で「北海道酪農の父」について学ぼう

北海道の酪農の原点があります!エドウィン・ダン記念館

エドウィン・ダン記念館
ダンによって真駒内に開拓史牧場が開かれた時の事務所として1880年に建てられたもの。1964年に解体予定となっていた同事務所の保存とダンの功績を後世に残すため、有志が現在地に移築し記念館とした。

明治時代に牧畜振興のために来札し、北海道酪農の父と呼ばれたエドウィン・ダンの異形と生活の様子や開拓の記録が展示されているのが「エドウィン・ダン記念館」です。

記念館が立つエドウィン・ダン公園は彼が1号牧舎を開いた場所でもあり、北海道酪農にとってとても意義深い場所になっています。

定休日
夏期(4月1日~11月3日)水曜日
冬期(11月4日~3月31日)月曜日~木曜日
営業時間
9:30~16:30
住所
札幌市南区真駒内泉町(真駒内中央公園内)
電話番号
011-581-5064

北海道大規模農業の礎!エドウィン・ダンの偉業

エドウィン・ダン
獣医師で明治期のお雇い外国人。開拓使に雇用され北海道における畜産業の発展に大きく貢献しました。

農業分野においては、1人で馬を使役し、ソリやプラオ、カルチベータなど洋式の大型農具を用いて農作業を行う技術を普及させたことが北海道における大規模農業の礎になったといわれる。

また、北海道の気候に適合した農作物の発見に努めた また真駒内牧牛場における水の安定供給のために建設を提案し、1879年に完成した真駒内用水は、のちに水田の灌漑用水としても利用され、周辺地域における稲作の定着に大きく貢献しました。

ダンの偉業を描いた絵画や写真が展示されています

エドウィン・ダン記念館
館内にはエドウィン・ダンの回想録をもとに一水会会員の一木万寿三画伯が5年ががりで製作した油絵23点や当時の写真パネル、エドウィン・ダンの遺品などが展示されています。

館内はいくつかの部屋があって色々な展示物が展示されています。

落ち着いた雰囲気の中にダンの偉業を描いた絵画32点や写真や遺作などがわかりやすく展示されています。一木万三画寿三画伯が描いた40号油絵の「残雪」や札幌オリンピック前の札幌市の写真もあります。

テラスに行くと明治の洋風スタイル美しいテラス・ウエスタンメロディーと共にゆったりとした公園の景色も楽しめます。

畜産技術改良のための拠点だった!エドウィン・ダン記念公園

エドウィン・ダン記念公園
面積2万4000平方メートル。中央を真駒内用水が流れ公園内で池を作っています。公園の南は遊具を置いた遊戯広場で、中央にエドウィン・ダン像、北東角付近にエドウィン・ダン記念館があります。

他にもエドウィン・ダン記念公園があり、公園の中央にはエドウィン・ダン像が立っていて公園内には子供が遊べる遊具などもあります。

真駒内放牛場もあり。ダンはここを畜産技術改良のための拠点とし、牛、豚、馬を飼育、100ヘクタールの飼料畑を整備し、バター・チーズ・練乳の製造およびハム・ソ−セージの加工技術を指導していました。

1886年に北海道庁が管轄する真駒内種蓄場となった後も、北海道における畜産技術研究の拠点となっています。ぜひ、一度足を運んでみてください。