定山渓温泉にあるかっぱ家族の願かけ手湯

札幌から国道230号線をまっすぐ走ると定山渓温泉街に入ってすぐ右手側に「足のふれあい太郎の湯」という足湯が見えてきます。そこから国道をさらに進んだところににかっぱの願かけ手湯があります。かっぱの像は、正面左がお母さん、右がお父さん、湯船の中にいるのが子ども達という、可愛らしいかっぱファミリーです。

札幌から国道230号線をまっすぐ走ると定山渓温泉街に入ってすぐ右手側に「足のふれあい太郎の湯」という足湯が見えてきます。そこから国道をさらに進んだところににかっぱの願かけ手湯があります。かっぱの像は、正面左がお母さん、右がお父さん、湯船の中にいるのが子ども達という、可愛らしいかっぱファミリーです。

街のシンボルとなった河童たち!かっぱ家族の願掛け手湯

定山渓温泉
温泉街には無料で温泉を楽しめるように幹線道路沿いに「かっぱ家族の願掛け手湯」、「足のふれあい太郎の湯」、「長寿と健康の足つぼの湯」の3つの温泉があります。

北海道の温泉街で有名な「定山渓温泉」には昔から河童の伝説があります。

現在ではすっかり街のシンボルとなった河童をキャラクターにして、温泉街のあちこちに可愛らしい河童のオブジェや看板が見られます。

「かっぱ家族の願かけ手湯」は、子供河童の口から流れる湯で手を清め、呪文をとなえると願い事がかなうと言われております。

定休日
通年営業
営業時間
24時間利用可能
住所
北海道札幌市南区定山渓温泉東3丁目
電話番号
011-598-2012(観光協会)

かっぱ家族の願かけ手湯で大願成就?

かっぱ家族の願掛け手湯
「願かけ手湯」という名前の通り、願い事が叶うと言われてます。

お父さん河童とお母さん河童がいて、その頭(皿)に湯が流れ込んで口からチョロチョロと流れ出ています。

手前の湯舟の中にも2体の河童(子どもたち)がいますが、柄杓で湯を汲んで手前の河童の頭(皿)の穴に湯を注いで下さい。2~3杯ほど注ぐといっぱいになります。

注ぎ口の河童と同じように口からピューッと湯が出て来るので、手を洗い「オン、カッパヤ、ウンケン、ソワカ」と3回述べてから願掛けして下さい。願い事が叶うと良いですね!

心優しいかっぱたちが見守る定山渓温泉

定山渓
札幌に河童伝説が残る町があるのをご存知でしょうか?『札幌の奥屋敷』といわれる定山渓温泉には今も河童伝説が残っていていたるところに河童の像があります。

全国各地には色々な伝説があるかと思います。

定山渓のかっぱ伝説は、明治時代に川で釣りをしていた少年が突然川底に消え、その後、その少年の父親の夢に出てきた少年が「かっぱの世界で幸せに暮らしている!」と言ったそうです。

キャラクターになるとカワイイかっぱですが、実は怖いですね。かっぱ伝説は日本各地で昔から伝承されていますから、聞かれた事が有る方も多いのではないでしょうか?

秘密の呪文でかっぱ家族に願い事を叶えてもらおう

かっぱ像
お父さんかっぱであるかっぱ大王へ敬意を払い手を合わせる。次にひしゃくでお湯をすくい、子どもかっぱの頭の皿にお湯を入れる。3杯ほど入れると皿の中はお湯で満たされ、入れたお湯が子どもかっぱの口からお湯が溢れ出してくるので、それで手を清める。最後に、「オン・カッパヤ・ウン・ケン・ソワカ」と3回唱えて願い事をするのだ。

乱暴者のイメージが強い「かっぱ」は、田植え、田んぼの草取りの手伝いをするなどといった優しい一面を持つと言われています。

山に入っては木の運搬を手伝うことでも知られています。ただ、川では人や馬を水中に引き入れようとしたり、人の尻子玉を抜いたりするので毎年6月に行われる京都の祇園祭を中心に前後6日は川や海に入ってはいけないと伝えられています。

かっぱの語源は、諸説ありますが「かわ(川)」に「わっぱ(童)」が混ざって「かわわっぱ」が変化したものというのが一般的です。