2016年 7月 の投稿一覧

函館ハリストス正教会

函館ハリストス正教会
西側に正面玄関と鐘楼を戴いた啓蒙所、東側に至聖所、その間の中央部分に聖所が配置されています。聖所は啓蒙所・至聖所よりも広く造られて十字の平面型を構成しています。日本のみならず世界各地の正教会に類似した平面をもつ聖堂があります。

函館市にある「函館ハリストス正教会」は江戸末期にロシア主教ニコライによって日本で初めてロシア正教が伝導され、ロシアの領事館及び礼拝堂として建てられた教会です。

今では国の重要文化財に指定されている、ロシア風ビザンチン様式の優美な建物です。教会の裏手で海をバックに絵になる写真が撮れると観光スポットとしても有名です。

定休日
冬季(12月26日~3月末)
営業時間
10:00~17:00
住所
函館市元町3-13
電話番号
0138-23-7387

函館ハリストス正教会はロシアビザンチン様式

ビザンチン建築
建築様式はビザンチン建築とロシア建築の影響を受けています。煉瓦造一部3階建ての平屋で、基礎は石造り、外壁は白漆喰を塗っています。

函館ハリストス正教会は、日本ハリストス正教会の発祥の地であり、意匠的にも優れた価値の高いもので外観は、漆喰塗仕上げの白壁と緑色銅板屋根の、美しい聖堂です。

平屋建て、鐘塔を持ち、屋根には6つの葱型のクーポラ、そのうえに十字架を戴き、ロシアビザンチン様式を基本として基礎には石を、壁体には煉瓦を用いています。

昭和61年(1986)から63年の3か年にわたり総工費2億円をかけて、創建当時の姿への復元修理が行われました。

函館ハリストス正教会はガンガン寺という名前で親しまれています

函館ハリストス正教会の鐘
「ガンガン」は、もちろん鐘の音のことです。函館ハリストス正教会の鐘は大小6個有り、それを一人で打ち鳴らしているんです。

函館ハリストス正教会はガンガン寺という名前で親しまれています。聖堂ができたときに5個の鐘を使って楽器のように鳴らしたところから由来しています。

1907年に全焼したときに鐘も衝撃でバラバラに壊れてしまい再建に合わせて大きな鐘が1個付いている状態になったのですが、1923年に関東大震災の影響でニコライ堂の鐘が破損、復興のためにここの大きな鐘と6個の鐘を交換することになりました。

因みに現在の鐘は1983年に送られたものであります。

ハリストス正教会は日本初のロシア正教の教会なんです

函館ハリストス正教会
「主の復活聖堂」が聖堂の正式名称です。ハリストス(キリスト)の復活を記念する聖堂です

函館ハリストス正教会復活聖堂の前身は、安政5年(1858)に来函した初代ロシア領事ゴシケヴィッチが建てた領事館附属聖堂で、明治40年(1907)の大火のため焼失しました。

大正5年(1916)、煉瓦造りの耐火建築物として再建されたのが現在の聖堂であり、日本初のロシア正教の教会となりました。

設計監督にあたったのは、輔祭として日本正教会に奉職していたモイセイ河村伊蔵。

モイセイ河村伊蔵の手に寄って再建された函館ハリストス正教会

函館ハリストス正教会
鐘楼付き平屋建、3~4枚積の煉瓦造の表面をセメントモルタルの下地に白漆喰で仕上げた美しいビザンチン様式。

河村は皇居:吹上御苑の新御所、世田谷美術館、浦添市美術館などを手がけた建築家・ガウリイル内井昭蔵の祖父にあたり、豊橋ハリストス正教会の設計監督にも当たった人物です。

1882年(明治15)に初めて日本人司祭としてティト小松師が赴任し、以後代々日本人司祭が管轄司祭となって今日に至ります。

ししゃもパークの鵡川にいるししゃもとは?

ししゃもパークとたんぽぽ公園
鵡川橋の上流、鵡川左岸にあり、右岸のたんぽぽ公園と一体となっています。

ししゃもは栄養価が高いの知っていました? カルシウムが多く含まれている魚なんです。1日の成人が、必要なカルシウムの所要量600mgが、なんと7~8匹で摂取できるのです。

その他にもビタミンA、B2、D、Eが含まれているのにはおどろきです。特に、最近では『骨粗しょう症』や『老化防止』などに手軽な食品として人気があります。

定休日
なし
営業時間
なし
住所
勇払郡むかわ町字宮戸1370番地
電話番号
0145-47-2480

ししゃもパークのししゃものお話し

ししゃも
シシャモは日本固有種で、北海道の太平洋沿岸に生息し、太平洋に面した数本の限られた河川に遡上する。  産卵する川が定まっている背景には、それぞれの水系の成立とシシャモの発生、生態の獲得の歴史が深く関わっているものと思われる。

ししゃもは北海道の太平洋側にしか生息しない、日本固有の貴重な魚です。柳葉魚(ししゃも)の名前の由来は、アイヌ語の「ススハム」、又は「シュシュハム」 からきているといわれています。

ししゃもは、平成7年7月にむかわ町の「町魚」に制定されました。

ししゃもの季節には、商店の軒先に目刺しにし縄に挟んだ何十連もの柳葉魚すだれが寒風に揺れています。これが、秋から冬にかけてのむかわ町の風物詩「ししゃものすだれ干し」です。

一工夫でもっと美味しく食べれます!ししゃもの食べ方

本ししゃも,フライ
子持ちのメスを贅沢にフライにしました!まずいわけがありません 「こんな旨いの初めて食べた」とオットは呟いていた

子供の頃から、普通に食べているししゃも、人気があるのは、ししゃもの卵付が人気です。あたまから「がぶっ」と全部食べると、程よい苦味と、魚の香ばしい味が口の中で広がります。

フライにするととてもおいしいの知っていましたか?さらっと揚げれば「サクッとうまい」特に子持ちししゃもは最高です。

やはり定番の塩焼きですが、おいしく食べるためには、焼きすぎに注意です。塩焼きに飽きたら甘露煮やフライで食べるとまた一味違った食卓になりますよ。

実は北海道オンリーだった?食卓に並ぶシシャモとは…

樺太ししゃも
1970年代以降、シシャモの代用魚として輸入が急増したが、資源量の大差から「シシャモ」といえば本種を指し、シシャモは「本シシャモ」などと呼ばれるようになりました。

シシャモ=むかわ(鵡川)ですが、シシャモは世界に例がなく、北海道にしかいないって知っていましたか?もしかしたら食卓に上がるシシャモはシシャモではないかもしれませんよ。

どういうことかというと、日本で出回っているシシャモの9割が実は輸入に頼っているのです。しかもそれは、「カラフトシシャモ」という別の種類の魚なのです。

シシャモの漁獲量が少ないからということで代用品です。残る約1割は北海道産なんです。

ししゃもと言えば…鵡川?釧路?日高?

ししゃも
遡上する河川は胆振地方の鵡川、日高の沙流川、十勝川、釧路地方の茶路川、阿寒川、新釧路川、別寒辺牛川。尾幌分水川などです。

ししゃもの町‐むかわ町(鵡川町)は、シシャモ水揚量で言うと、鵡川町はそれほどずば抜けて多いというわけでもありません。

支庁別で言うとトップは全道の約半数(46%)を占める十勝支庁。釧路支庁(34%)とあわせても全道の水揚量の8割が道東ということになります。

じゃ、なぜ日高管内や胆振管内鵡川町が有名か?それはシシャモ加工工場が日高地方に集中しているからです。

15もの地獄がお待ちしてます!登別の地獄巡りは如何ですか?

登別地獄巡り
大正時代の小爆発で誕生し、7色に湯の色が変わる「大正地獄」など、様々な地球の神秘を楽しめます。

地獄谷は日和山の噴火活動によりできた爆裂火口の跡です。地獄谷の地表には小さな爆裂火口や噴気孔や湧出口があり、ガスと高温の温泉を湧出しています。

地獄谷には鉛地獄・鉄砲地獄など15の地獄があります。地獄谷を拠点として遊歩道が整備されていますので、地獄谷の中の鉄泉池などを周遊し、大湯沼川では天然の足湯に浸かり森林浴をご体験下さい。

硫黄の香り漂う登別地獄谷

硫黄の香り漂う地獄谷
春の花に囲まれた地獄谷、夏の登別原生林の広がる様、秋に紅葉で赤く燃える地獄谷、冬に雪に覆われつつ熱気の伝わる地獄谷も格別です。

地獄谷に一歩足を踏み入れると硫黄の香りが立ち込めて、奥まで行くと湯煙で辺りが見えない程です。

地獄谷展望台に登ると火山ガスや熱湯を噴出す様を見られ、まさに地獄めぐりの気分になります。

地獄谷には大正時代の小爆発で誕生し、7色に湯の色が変わる「大正地獄」など様々な地球の神秘を楽しめます。

登別地獄谷から湧き出る温泉はとっても良い湯!

地獄谷温泉
多種類の温泉が1日1万㌧も湧出されており、温泉街のホテルや旅館に給湯されてます

登別温泉は、湧き出る湯量は豊富で1日1万トン。その泉質は、塩化物泉、硫黄泉、酸性泉、重曹泉、明礬泉、緑礬泉、石膏泉、芒硝泉、鉄泉の9種類を有するといわれています。それらの源泉が地獄谷にあります。

温泉デパートといわれる登別温泉のすぐ隣で、昭和地獄、鉛地獄、龍巻地獄などの大小15の地獄温泉を、見れるスポットです。

登別地獄谷の見どころ

地獄谷の見どころ
入口近くに地獄谷展望台と地獄谷第2展望台があるので、全景を眺めておこう。

地獄谷は登別温泉街から歩いて数分、地の底からもうもうと立ち上がる熱湯や水蒸気!

さらには火山ガスが激しく噴き出してあたり一帯は強烈な硫黄の臭気に包まれています。

約1万年前から現代も活きている地獄谷

地獄谷噴火口
約1万年前に噴火してできた爆裂火口の跡です。12ヘクタールにもおよぶくぼ地で長径は約450m。無数の噴気孔から硫黄やガスを噴き出して白い煙を上げ、熱湯がトクトクと出る湧出口があります。

まさに地獄さながらの迫力を体験できる地獄谷は約1万年前にできた爆裂火口跡で、ここから湧き出た温泉が各旅館・ホテルの浴場へと送られているのです。

地獄谷一帯をめぐる探勝路や、大湯沼の展望台までの探勝路も整備されています。

お城の中が水族館!異国情緒あるれる登別マリンパークニクス

登別マリンパークニクスのニクス城
16世紀ルネサンス建築の古城がモデルです。広大な庭園内の湖に樫の木の杭を打ち込んで作った基礎の上に立つため、湖に浮かんでいるように見える。

正面に構えるニクス城は、デンマーク・オーデンセ市に実在する中世ルネッサンス様式の美しい水上城郭「イーエスコー城」をモデルに造られました。

4階建ての建物は、魚類展示館になっていて、約400種10,000点の生き物たちをご覧いただけます。

よちよち歩きがかわいいペンギンのパレードです

ペンギンパレード
ペンギン館の仲間たちがヨチヨチ歩く「ペンギンパレード」は、登別マリンパークニクスの大人気イベントです。1年を通して毎日開催しています。みなさんの目の前を大行進しますので、遠くからでは見ることの出来ない愛嬌のあるしぐさや、近くで見るからこその新しい発見を楽しんでください。

キングペンギンのパレードは毎日11:00と14:00からの2回。必見です♪(天候によって中止の場合あり)。

☆オスとメスの違いは?? キングペンギンははっきりとした外見上の違いが見つけられていません。

そのため、血液や羽根を採ってDNA鑑定をおこないます。ペンギンたちは翼にそれぞれ色の違うバンドを付けています。

登別マリンパークニクスのアイドル!ゴマアザラシ

登別マリンパークのゴマアザラシ
アザラシのリングプールは、空中に突き出した大きなリングにも海水が満たされている、不思議なプールです。 アザラシは、まるで空を飛んでいるかのようにリングの中を泳いだり、時にはリングの中で外を眺めていたり、とても気持ちよさそうに過ごす姿がハッキリ見えます。

アザラシふれあいプール」には、「おたる水族館」からきたゼニガタアザラシの 『ドロン♂』『カリン♀』『マロン♀』がいます!

それと、登別の海岸で保護されたゴマフアザラシの子供『ナビ♀』が飼育されていて、全部で4頭です。

ゴマフアザラシのナビちゃんがお出迎えしてくれます

マリンパークニクスのナビちゃん
登別の海岸で保護されたゴマフアザラシの子供『ナビ♀』が飼育されています

「ナビ」ちゃんは海にいる時に、頭から顔にかけてひどい傷を負ってしまったんです。
左側の小鼻と唇が奪われて鼻骨が変形してしまって野生では生きていけない為にリリースはせずに、この水族館で生活することになりました。
ここでは、「アザラシの餌」が販売されていて、アザラシ達に餌をあげることが出来ます!
餌はイカです。
(1バケツ100円です)販売時間は、9:30 11:30 13:00 15:00の4回で各10バケツで売り切れたらおしまいですので、気をつけて下さいね。

 

登別マリンパークニクスはお子様連れでも安心してご利用できます

登別マリンパークニクスの施設
登別マリンパークニクスの施設案内です。
車イス
台数 4台(無料)インフォメーションにて貸し出しております。
ベビーカー
台数 ABタイプ8台(無料)インフォメーションにて貸し出しております。
ベビーベット
各女子トイレに設置しています。ニクス城:3ヶ所 園内:3ヶ所
授乳室
インフォメーションカウンターでお尋ねください 。
身障者トイレ
ニクス城・2F1ヶ所 園内・2ヶ所 駐車場側・1ヶ所 計4ヶ所

売店では水族館でご覧になった生き物たちのグッズをたくさん販売しております。イルカ、ペンギンなどはもちろん多数ご用意しています。