鳥がいつもいる湖!毎年6万羽以上が飛来する濤沸湖(とうふつこ)

野鳥の王国濤沸湖
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

小清水町にある濤沸湖(とうふつこ)は、アイヌ語で「チカンプトウ」と呼ばれ、鳥がいつもいる湖という意味を持ちます。周囲約28km、面積900haの汽水湖・海跡湖です。

夏になると、湖畔にはセンダイハギ、ヒオウギアヤメの群生が一面に広がり、斜里岳をバックに草原に横たわる馬や牛の姿が見られ、のどかな情景が訪れる人の心を安らげます。

住所
斜里郡小清水町
電話番号
0152-62-4481

このまとめを見る > 北海道を代表する景勝地!野鳥の楽園!濤沸湖(とうふつこ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*