高校野球公式戦や中学野球の試合会場として利用されています

帯広の森の野球場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

帯広市を中心とした十勝支庁管内の高校野球公式戦や中学野球の試合会場としても使用されています。野球場として利用できるのは5月~10月の6ヶ月間に限定されます。

オフシーズンである冬季(1月~2月)には、外野スタンド右翼側の一部を利用したミニスキー場が開設され、ミニスキーやソリ遊びを楽しむことができます。

プロ野球公式戦が初めて開催されたのは1991年夏で、対戦カードは日本ハムファイターズ対オリックス・ブルーウェーブでした。以後、概ね2年に1度の割合で公式戦が開催されていました。

このまとめを見る > 都市景観100選にも選ばれました!100年計画で造られた帯広の森

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*