金森美術館・バカラコレクションとして歴史を刻んでいました

金森美術館
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

世界の称賛を得るフランス伝統のバカラが、1859年以来易港として外国と交流してきた函館と出逢い、1989年より「金森美術館・バカラコレクション」として新たな歴史を刻んでいました。

また金森美術館では、一つ一つが「フランス最優秀職人」をはじめ50~60人の職人の手を経て、生み出されるバカラのクリスタル製品を販売しておりました。

訪れた全ての人々にフランスと函館の文化的伝統の出逢いが生んだ荘厳かつ華麗な煌きの世界は感動を与えてくれました。入場者減少により、2009年6月に閉館している。

このまとめを見る > 明治時代から続き現代も活きる金森赤レンガ倉庫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*