重厚な倉庫群が立ち並び往時をしのぶ小樽運河

小樽運河
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今は、当初の景色を残す北運河よりも、半分を埋め立てて散策路を整備した臨港線部分に観光客が多くなっています。小樽運河の両岸には煉瓦や札幌軟石で造られた重厚な倉庫群が立ち並び、往時をしのぶことができます。

1986年には北海道道17号小樽港線が開通して、散策路やガス灯が整備され、大きく変わった運河周辺は、小樽の一大観光スポットに成長し、1996年には都市景観100選を受賞しました。小樽運河は、小樽市にある運河として、大正12年に完成しました。

内陸に水路を掘ったものではなく、沖合を埋立て、陸との間に出来た水路で「埋立て式運河」と呼ばれています。海上に停泊した船舶からの貨物を乗せたはしけ舟を係留して、貨物の荷揚げに使われています。人力で荷揚げする方式は戦後に入り衰退していきました。

このまとめを見る > ぜったい訪れたい大人気スポット!賑わいに溢れる小樽運河

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*