総ケヤキ造りの山門は北日本最大

高竜寺の山門
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

高龍寺は、寛永10年(1633年)松前町の曹洞宗法源寺の末寺として亀田村(現在の市内万代町近辺)に建てられました。

宝永3年(1706年)弁天町に移転後、幾度か大火などのため建物を焼失し、明治12年(1879年)現在の場所に移転しました。

明治43年(1910年)に完成した山門は総ケヤキ造りで、東北以北最大の山門といわれ、また、見事な彫刻が特徴です。この彫刻は、いずれも当時の名工達の作で、明治時代末期の貴重な木造寺院でもあります。

このまとめを見る > 北海道最古のお寺!北日本最大の山門がある函館 高龍寺

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*