約6000年前にはオホーツク海の湾入だった網走湖

網走湖
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

約6000年前の縄文海進期にはオホーツク海の湾入であったと考えられていますが、海の後退と地盤上昇によって1200年前ころまでには海と切り離されたとされ、北海道東北部に位置しています。

南から網走川が流れ込み、女満別川などを集めて北東部から再び網走川としてオホーツク海に流出しています。東岸には呼人半島が大きく突き出しています。

特に大正期のこの地域の年降水量はいまより100mmほど多く、網走湖はほとんど淡水湖といえる状況だった。逆に降水量の少ない年には浅い所まで無酸素層が広がり、ワカサギなどが湖面近くに集まるため豊漁となる傾向にあります。

このまとめを見る > 湖畔にミズバショウが咲き乱れる網走湖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*