新選組の土方歳三が湯浴みしたと伝えられる歴史ある湯の川温泉の泉質

湯の川温泉の泉質
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新選組の土方歳三が湯浴みしたと伝えられる歴史ある湯の川温泉の泉質は、ナトリウム・カルシウム塩化物泉(食塩泉)が最も多く、無色透明、無臭でしっとりとした優しい肌触りが特徴の温泉です。

体の芯から温まり、湯冷めしにくい泉質で、冷え性、リュウマチ、打ち身、ねんざ、婦人病、肩こり、腰痛、神経痛、胃腸病、疲労回復などに良く効くと言われています。

源泉は約65℃で、適温にして供給している施設が多いため天然温泉がそのまま楽しめます。

このまとめを見る > 北海道の三大温泉地のひとつ!函館湯の川温泉は350余年の歴史ある名湯です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*