昆布ロードに寄って育まれた日本の食文化

昆布を運んだ北前船
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昆布の歴史は非常に古く、北海道の海産物の中でも最も古くから記録に表れており、アイヌ民族とも非常に深い関わりを持っています。

アイヌの人々が「コンプ」と呼び、これが中国に入って再び外来語として日本に逆輸入された事が名前の由来ではないかと言われています。

海上交通が盛んになった江戸時代には船を使って「天下の台所」大阪まで運ばれました。この時に使われた航路は「こんぶロード」と呼ばれています。

このまとめを見る > 昆布の美味しさと北前船の歴史を教えてくれる北海道昆布館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*