ハリストス正教会は日本初のロシア正教の教会なんです

函館ハリストス正教会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

函館ハリストス正教会復活聖堂の前身は、安政5年(1858)に来函した初代ロシア領事ゴシケヴィッチが建てた領事館附属聖堂で、明治40年(1907)の大火のため焼失しました。

大正5年(1916)、煉瓦造りの耐火建築物として再建されたのが現在の聖堂であり、日本初のロシア正教の教会となりました。

設計監督にあたったのは、輔祭として日本正教会に奉職していたモイセイ河村伊蔵。

このまとめを見る > 日本正教会最初期からの歴史を持つ函館ハリストス正教会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*