日本の最初のコーヒーはココから!宗谷岬のコーヒーは始まりの味

宗谷岬
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

宗谷では多くの津軽藩士が厳しい寒さの為、水腫病などの病気で命を失いました。

其の頃、日本での歴史を刻みはじめていたコーヒーが其の病気に対して効果があるといわれ、幕府が藩士達にコーヒーを薬として飲まれ、治療に使用されましたが、効果が無く、亡くなった藩士達を悼んで建てられました。

碑はコーヒー豆を型った形をしています。宗谷公園の一角に建てられています。

日本の最初のコーヒーは稚内からで北海道のけた外れな寒さでかなり苦労した藩士達に幕府が配給したのが、コーヒーでした。コーヒーは一般には出回っておらず、庶民が口にしたのはこの時が初めてだろうと言われています。

このまとめを見る > 日本最北端の地!宗谷岬にいってみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*