小樽運河の危機!運河の埋立てと倉庫群の解体話がかつてありました

小樽運河
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

小樽運河は邪魔にされている時代もありました。無用の長物と化し、放置されていた小樽運河はヘドロがたまり悪臭が漂うようになりました。

1960年代に入り、運河を埋め立てて、道路として整備する方針が小樽市から打ち出されました。

それに対し運河の保存運動が全国規模で高まり、小樽市側は当初の全面埋め立てに対し、運河の半分の幅を残す妥協案を提示するが、保存派と意見が折り合わないまま、1983年には埋め立て工事に着手した経緯があります。

このまとめを見る > ぜったい訪れたい大人気スポット!賑わいに溢れる小樽運河

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*