大きな足跡を残した白樺派作家!有島武郎

有島武郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「カインの末裔」「生まれ出づる悩み」「或る女」などにより、リアリズムの虚構を極めた作家として、大きな足跡を残した有島武郎。

有島記念館の建つニセコの地は、有島の出世作「カインの末裔」の舞台ともなった所です。

また、父から引き継いだ広大なニセコの農場を、土地共有という形で小作人に無償で解放し、当時の社会に大きな反響を呼びました。1923年、人妻である波多野秋子と知り合い軽井沢の別荘で縊死心中を遂げこの世を去りました。

このまとめを見る > ニセコ町の有島記念館を訪ねてみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*