国内でも珍しい2基の側塔が美しい白鳥大橋

白鳥大橋の側塔
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

通常つり橋は側塔がないものが多いのですが、白鳥大橋は2基の側塔がついており,この側塔が白鳥大橋をより一層美しい橋にしています。

因みに国内では同じつり橋として大鳴門橋が側塔を1基持つだけです。

また白鳥大橋に使われているケーブルは、直径5.2ミリメートルのピアノ線127本を 6角形に束ね、これをさらに52本束ね直径47センチメートルにもなっていて、常に風雨にさらされるケーブルを保護するため、これまた、世界で初めてS字型ワイヤーと特殊塗料によるラッピングが採用されています。

このまとめを見る > 北海道最大の吊り橋を風力発電でライトアップ!白鳥大橋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*