原始の姿を保つクッタラ湖の周辺

クッタラ湖の森
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

湖の内壁は急峻で原始の姿を保ち、春から秋まで森と湖の美しいハーモニーが早朝から湖面に響き、夜のしじまにトラツグミ、コノハズク、ヨタカの声も聞こえます。

春秋を通してのハイキングコースで温泉から湖畔まで徒歩40分、植物鑑賞をしながらキタキツネ、ノスリの顔(姿)も見られます。

秋の急峻な湖畔は、錦の屏風のような色鮮やかで素晴らしいものです。チップ釣りのメッカとしても知られていて多くの観光客で賑わっております。

このまとめを見る > エゾサンショウウオの生息地!白老町の倶多楽湖(クッタラ湖)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*