北海道開拓と発展の守護神!開拓三神が奉られています

北海道神宮の開拓三神
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

明治3年(1870年)には仮社殿が建てられました。

明治4年(1871年)には現在地に社殿を建て、社名を札幌神社と定めるとともに国幣小社に列し、翌明治5年(1872年)には官幣小社となり、第二次大戦後は神社本庁の別表神社となった。

昭和39年(1964年)明治天皇を合祀し、社名を現在の北海道神宮へと改められました。全国一の宮会より蝦夷国新一の宮に認定されています。

このまとめを見る > 北海道の神社の中心!蝦夷国新一ノ宮の北海道神宮

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*