北海道大規模農業の礎!エドウィン・ダンの偉業

エドウィン・ダン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

農業分野においては、1人で馬を使役し、ソリやプラオ、カルチベータなど洋式の大型農具を用いて農作業を行う技術を普及させたことが北海道における大規模農業の礎になったといわれる。

また、北海道の気候に適合した農作物の発見に努めた また真駒内牧牛場における水の安定供給のために建設を提案し、1879年に完成した真駒内用水は、のちに水田の灌漑用水としても利用され、周辺地域における稲作の定着に大きく貢献しました。

このまとめを見る > エドウィン・ダン記念館で「北海道酪農の父」について学ぼう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*