全道平均の2倍!北海道ではもっとも機械化した農業地帯

十勝平野の農業
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

北海道を代表する畑作地帯で、第二次世界大戦前は豆類・雑穀・アマを生産していました。戦後は豆類・ジャガイモ・ビート(テンサイ)を生産し、酪農が大幅に伸びたそうです。

農家一戸当りの経営面積は20ヘクタールと全道平均の2倍で、道内ではもっとも機械化農業が進んでいます。

十勝平野の東部の池田町はブドウの産地で10月の第1週にワイン祭りが行われています。十勝平野の西部の新得町ではソバの栽培が行われていて新得町のソバは大評判!

このまとめを見る > 日本のウクライナ!北海道一の畑作地帯!十勝平野

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*