世界でも非常にまれ!マンモスのレプリカ像を展示しています

北方民族博物館
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

世界でも非常にまれというマンモスのレプリカ像を展示しています。

展示されているマンモス像の大きさは、体高3メートル、体長5メートルで、1971年にシベリア東部で発見された約3万年前のマンモスの完全骨格から復元したものです。

体毛はマンモス研究の権威といわれる研究結果で最も近いとされる北方圏に生息する馬400頭分のたてがみや尾の毛を使用してリアルに再現されています。

この模型は世界で二体しかなく大変貴重なものです!

このまとめを見る > 北方の風土に根差した民族の歴史を知る北海道立北方民族博物館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*