1,000年近くさかのぼるトラピスト修道院の起源と沿革

シトー修道会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

明治29年(1896年)にフランスから数名の修道士が来日して、当地にトラピスト修道院を設立しました。

その起源は11世紀に聖ロベルト(1018年~1111年)が、現在のフランス・シトーの地に修道院を創設し(1098年)、ここからシトー修道会が生まれました。

そして、1664年、シトー修道会に属するトラップ修道院(フランス)で、より厳格な生活を望む改革運動が起こり、この流れを汲むものをトラピストと呼ぶようになりました。

このまとめを見る > 女人禁制!手作りバターが美味しいトラピスト男子修道院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*