トラピスチヌ修道院は祈りと労働を中心とした自給自足の生活

トラピスチヌ修道院
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

トラピスチヌ修道院は1898年(明治31年)に函館教区長ベルリオーズ司教の要請で、フランスのウブシーにある修道院の修道女8人がやってきたのがはじまりです。

正式な名称は「厳律シトー会天使の聖母トラピスチヌ修道院」と言い、日本初の女子修道院として建てられました。

現在も70名ほどの修道女が祈りと労働を中心とした自給自足の生活を送っています。

定休日
水曜(冬期日曜)  年末年始
営業時間
8:10~17:00(冬期8:20~16:30)
住所
北海道函館市上湯川町346
電話番号
0138-57-3331

このまとめを見る > たった8人の修道女が切り開いた日本初の女性修道院!函館トラピスチヌ修道院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。