ししゃもパークのししゃものお話し

ししゃも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ししゃもは北海道の太平洋側にしか生息しない、日本固有の貴重な魚です。柳葉魚(ししゃも)の名前の由来は、アイヌ語の「ススハム」、又は「シュシュハム」 からきているといわれています。

ししゃもは、平成7年7月にむかわ町の「町魚」に制定されました。

ししゃもの季節には、商店の軒先に目刺しにし縄に挟んだ何十連もの柳葉魚すだれが寒風に揺れています。これが、秋から冬にかけてのむかわ町の風物詩「ししゃものすだれ干し」です。

このまとめを見る > 花と緑の景観とのくつろぎのししゃもパーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*