十勝が丘公園

ギネスブックにも載ったことのある巨大な花時計ハナック

直径18メートル、秒針の長さ10メートル10センチの大きな花時計「ハナック」を中心に広がる公園です。炊事遠足広場や多目的広場などが設置された広大な公園で、近くに十勝平野を望む眺望スポット十勝が丘展望台があります。
帯広の森

100年計画の森づくり!帯広の森

帯広の市街地を囲む森を市民の手で創ろうと、昭和50年から100年計画で多くの市民の積極的な参加によって森づくりがすすめられています。帯広の森の総面積は、406.5ヘクタールで、記念の森、スポーツの森など8つの部分からなっています。
帯広の森アイスアリーナ

徹底したリンクメンテナンス!氷質が評判の帯広の森アイスアリーナ

帯広の森アイスアリーナと帯広の森第二アリーナは、それぞれ1987年8月30日、同年12月30日に開館しました。アイスホッケーのリーグ戦や全国大会も度々開催されています。大会等が行われない日には一般開放の時間が設けられており、個人やクラブチームによる使用できます。
帯広の森の野球場

高校野球公式戦や中学野球の試合会場として利用されています

1990年、緑ヶ丘公園野球場に替わる施設として帯広の森運動公園内に開場されました。本球場は安全面への配慮から観客席で飛び跳ねる行為を禁止しています。かつて、稲葉篤紀への応援として行われていた通称「稲葉ジャンプ」は、帯広市教育委員会より指定禁止通達が出されていました。
帯広の森の弓道場

多くの家族連れで賑わう帯広の森

国民体育大会誘致をきっかけにスポーツ施設を1箇所に集める案が浮上し、帯広の森に運動施設区を設けたのがはじまりとなっています。野球場やパークゴルフ場など、現在12の施設があります。
帯広の森の紅葉

秋には紅葉に染まる帯広の森

100年計画で森づくりがおこなわれている帯広の森。管理が行き届いた森の木々が秋には美しい紅葉を見せてくれます
測量山のライトアップ

1万日を超える奇跡の灯!測量山のライトアップ

頂上にある展望台からの夜景は、工場群と街並みの明かりが港に映え、あふれるロマンを感じさせる。また、市民の申し込みによりライトアップされる6本のテレビ塔は、室蘭市民の心の灯として親しまれている。
測量山のライトアップ

室蘭の人にはふるさとを象徴する光!測量山のテレビ電波中継塔

1988年7月29日から31日に開催された「むろらん港まつり」に合わせて、北海道電力室蘭支店が最初の測量山電波塔のライトアップが行われました。当初、ライトアップ設備は、お祭り期間が終了すると他の都市へ移設される予定でしたが、継続を願う多くの市民の声に応え、室蘭ルネッサンスがその設備を引き受け、1988年11月26日、測量山のライトアップの点灯が始まりました。
恵庭渓谷

北海道屈指の紅葉の名所!3つの滝が美しい恵庭渓谷

恵庭市街から道道恵庭岳公園線を支笏湖方面に進むこと約18km、漁川の支流ラルマナイ川に恵庭渓谷があります。そこには、3箇所の個性的な滝があり、人々を魅了しています。一帯は散策路や滝見広場などの施設が整えられており、それぞれの滝めぐりを楽しめます。